Loading…

スポンサーサイト


Posted by sayap on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fits due


Posted by sayap on 21.2010 未分類   0 comments   0 trackback
yukiです!!


昨日は、sayapを委託販売してくださっている

美容室FITS DUEにディスプレイをかわいくしに

そして、わたしのヘアーをかわいくしてもらいに行ってきました


いつも担当してくているヘアスタイリストの

いづみちゃんが4月から東京のメイクの学校に見事合格し!!


おめでとう????

いなくなってしまうのは とてもさびしいけど。。

凄く努力家で 向上心の高い
いづみちゃんの新たな出発を心から応援したいと思います!!

がんばって修行してきてね?!

なんか、頑張っている人を見ると ほんとうに刺激になります

スタッフの女子☆
IMG_4049_convert_20100321200912.jpg

みんな可愛くって とっても温かく いつも癒されてかえってきます♪


FITS due
札幌市北区北40条西4丁目2-5 札幌東急ストア麻生店2F
TEL/011-717-3501


営業時間/ 10:00?20:00(パーマ・カラーは19:00まで)
定休日/火曜日
駐車場/特約駐車場
その他・備考/
< P C > http://www.fits-web.com
<Mobile> http://www.fits-web.com/mb/


そして、その後は

25日にあるイベントの打ち合わせへGOヒロミ

主催者のgochanが会場となる 宮越屋珈琲に連れてってくれて

sayapの出店ブースのことなど色々アドバイスをもらい

とっておきの場所をいただきました?!

本当にありがとう☆

当日行っていきなりだったら テンパッテましたわ わたしww


今回のイベントかんなり気合入ってますよ!!

アーティストヤバイくらい ゴ ウ カ



Human nature
ヒューマンネイチャー

2010年3月25日(木)
OPEN 7:00Start : 8:00
@ 宮越屋coffee↓
hall stairs esprsso bar
中央区南三条西三丁目 成美堂B1

011-242-2252 チケット2500円(1drink付)


スペシャルゲストライブ

YAO OMI (from Dachambo)
(YAO)
幼少の頃から和太鼓を叩き始める。
現在日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンド“DACHAMBO”のDr.Per担当。
97?98年に掛けて単身アフリカへ打楽器の修業に行き、帰国後、その経験を生かし
バラフォン(アフリカン・シロフォン)の演奏活動、そして独自のバラフォン製(アフリカン・シロフォン)の
演奏活動、そして独自のバラフォン製作を経て、販売、ワークショップなどを始める。

所属する DACHAMBOは、年間100本を越えるライブを国内外で展開。国内最大級のロックフェス「フジロック
フェスティバル」や「朝霧JAM」など多数出演。2008年には、アメリカのポートランドでハイブリッド・ライフを
提唱する靴のメーカー「KEEN」のイベントに招待されライブを行うなど、その活動範囲を日々拡張中。
2009年、自作の楽器を使いソロ活動を再開する。



(OMI)
バックパッカーをしアジアを旅行中インドにてディジュリドゥに出会う。
その後この楽器に魅せられ渡豪するようになり楽器と共にオーストラリアを一周、
ここで出会った人々より影響を受ける。 さらにルーツを求め北東アーネムランドのガーマフェスティバルに
参加したり、アボリジニとの生活を共にし、アボリジニ文化を体験。
現在、バンドDACHAMBOのディジュリドゥ奏者として日本中を巡っている。



サポートミュージシャン出田寿一&大河(from Sapporo )

アフリカンライブ・ANKASO (from Sapporo )



スペシャルゲストライブペイント
gravity free (from Tokyo )
“生きているpainting こそがlive である。live 自体が作品である”このコンセプトに基づき、
現場の空気感や音の流れを汲み、絵は絶え間なく変化をとげる。連続するアブストラクトな
幻想的世界観は”無重力”を模索する。
活動の場を問わず、様々なアーティストとのコラボレーションを積み重ね、何百本もの
”live ”という概念の中で、音楽とともにgravity free のライブペイントは成長をとげてきた。
音響的なペイントのグルーブ感は、共演した
アーティストや多くのオーディエンスの支持を受けて、やがてFUJI ROCK を始めとする
野外フェスティバルで活躍するようになる。
そして 2008年夏にはアメリカツアーを敢行。サンフランシスコのアートショウや、
ポートランドで開催されたKEEN主催のフェスティバルに出演し、アーティストホテルとして
有名なACEHOTELの一室に壁画を残したことは記憶に新しい。
live paintカルチャーと愛を世に伝えるべく、gravity free のペイントの旅は続く。


ゲストライブペイント
・L&P Yu-suke&miho
・KEMMYCHIKO
・erico


DJ' s
TARO(サングラーS)
NORITO(doo - bop /Black Butterfly )
TAKA (doo - bop )
Ryo

Hand made shop
・sayap
・Caranke
・DANGA RAFET african

Deco
・0312(流木デコレーション)








ブログランキングに応援よろしくお願いしますnico
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://382382382.blog8.fc2.com/tb.php/257-500d3f80

Plofile

sayap

世界で1つだけのアクセサリーを製作する、ハンドメイドブランド“sayap”≪サヤップ≫
インドネシア語で“翼”という意味があります。

ハンドメイドガラスを使ったアクセサリーを中心に2006年からスタートし、今では北海道ブランドのショップや美容室、そして様々なイベントで販売しています。
北海道から発信されるsayapは、その豊かな土地と人々の中でたくさんの繋がりを広げながら活動してきました。
私達ひとりひとりにみな違いがあるように、sayapのアクセサリーもひとつひとつの個性が光ります。

そしてsayapとそれを手にした人との個性が重なり合う時、きっと新しい輝きが生まれてくるでしょう...KEI

sayap☆face book

Search

sayapTwitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。